保育園の先生に「面接をしましょう」と声をかけられ不安

Fさん自身が
無意識の層まで
フラワーフォトセラピーを受け
家族のために
ケア・アドバイザーの資格取得
された方です。

 保育園の年少クラスに通園中の3歳の男の子E君の ママFさんからのご相談

 ママFさんも子供のころ通園していた保育園で 
 とても 園の様子が分かり 安心して通園させていました。

 しかし
 担任の先生より「お子様のことで面接をしたい」と申し出があり
 ドキッとしてしまい 不安でしょうがないと相談され

(何か お子様に気にかかることがあると面接をするらしい・・・)
 
 担任の先生のお話では
 園児たちが皆で同じ行動をするのに
 E君だけぐひっくり返ってぐずってしまうとのこと
 
 ・・・頑張っているママ・・・涙がこぼれそう

 まずは、浅い心の部分「意識している自分」を対象にしたフラワーフォトセラピー
 行うことにしましょう。

   私たちの心は、簡単に言うと 下記のように分かれているのだそうです。
    「フロイト」精神分析論
    意識・・・・いま気が付いている心の部分
    前意識・・・いま気が付いていないが、努力によって意識化できる心の部分
    無意識・・・抑圧されていて意識化できにくい部分
※「心身一体療法研究所・「ルーエ」主催の「本宮輝薫」先生の講義より抜粋
     ご興味のある方はこちらをクリック
            
   フラワーフォトセラピーは 「フロイト」などの精神分析を基本として
   研究・開発されています。開発者は「本宮輝薫」先生
   セラピストとして活動する場合、精神分析をしっかりと勉強する必要がありますが
   セラピーを受ける側はとても簡単
   花の写真を選ぶだけなんです。


   こんな かわいい花の写真を選ぶんです。

   フラワーフォトセラピーで使用する写真は、セラピーをするために特別に
   撮った専用の写真を使います。
   各写真は、特定の感情に対応し その人の気持ちを代弁します。
   自分の心の中で自分の足を引っ張るような感情・マイナス方向に引っ張る感情を
   消していきます。

ママFさんも数枚の写真を選びました。
すると 我が子E君の良いところがいっぱい浮かんできました。
 *電車が大好きで 二人で見に行った踏切を記憶していて正確に描くこと
 *チャイルドシートに座らず おまわりさんに注意されたとき
  明らかに態度を変え しっかりと受け答えが出来ていたこと
 *何よりも園の担任の先生がママの次に大好きなこと

我が子E君は とても賢いことに気が付いた様子です。
~大好きな先生に振り向いてもらいたい 僕を見て
         僕がここにいる 僕の方を振り向いて~
担任の先生に ママFさんが感じた我が子E君の話をしてみよう とのことでした。

このような子育て中に不安心配、我が子に気になる出来事に直面した時
ママが自分で自分をセラピーすることが出来たら便利ですね。
   

あなたも人生を豊かに過ごすために フラワーフォトセラピーを勉強してみませんか?
   セラピーの体験を希望される方は こちらをクリック                             
   

~本当の癒しを求めて~
  山梨県甲府市にて、「コンフォール堀内」主催
     ヨガ教室 山梨県甲府市 朝日通「スペースアンド」にて主催
     フラワーフォトセラピー協会・セラピスト